読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた噂の気になる商品を調べてみた!

ネットで見つけた巷で噂の気になる商品やサービスの記事を書き綴っています。スポーツ整体師歴13年の管理人がお届けします!

さくら検査研究所の性感染症を自分でチェックできる郵送検査が話題に!

さくら検査研究所のエイズクラミジアなどの性感染症を自分でチェックできる郵送検査が話題になっています。

・病院へ行く時間がない方や抵抗がある方
・病気(性感染症)に対して心当たりがあり、不安に思われている方
・定期的に健康のチェックをされたい方

このような方のために、自宅でエイズや梅毒・カンジダなどの性病を調べる事が出来ます。しかも、大切なパートナーと一緒に性感染症の検査が受けられます。

あなたは、エイズクラミジアなどに代表される性感染症(STD)に自分が侵されていないか心配ではありませんか?

性病郵送検査とは、誰にも知られず、手軽に、性感染症の検査を受けられます。
「病院に行くのはちょっと・・・」そんなあなたも、さくら検査研究所の性病郵送検査なら自宅で簡単に検査できます。

性感染症を自宅で検査 おかげさまで15年目を迎えました

性感染症ってなに?

性感染症(STD)はセックスなど性行為によって感染する病気のことです。必ずしも自覚症状があるとは限りません。その為、感染に気づいたときには関係した人達に病気をうつしていることも考えられます。

これらの性感染症(STD)に対しては予防するとともに検査を受けて早期発見することが大切です。 性感染症全般にいえることは、粘膜どうしの接触で感染する。ということです。

日本国内の新規HIV感染者数は、一時期、減少傾向にありましたが、現在は再び増加し、横ばいの水準となっています。また、保健所でのHIV検査及び相談件数は減少しているため、HIVに対する関心度の低さが問題となっているようです。

性感染症の中でもっとも患者数が多いとされているのは、性器クラミジア症です。 症状が進むと、卵管炎や子宮内膜炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因となる事があります。

エイズ患者はクラジミアに感染していることが多い事から、“HIVに感染しやすいSTD”としても問題視されているようです。

最近は、オーラルセックス(口腔性行)を介した感染も目立っており、性交渉をしていなくても口から性器へ、性器から口へと感染しますので注意が必要です。

さくら検査研究所は、15年の実績を持つ衛生検査所です

高精度の検査方法による性感染症の検査をご自身の生活スタイルに合わせて受けることができます。
郵便局留めをご指定いただければ、ご自宅ではなく、ご指定の郵便局にて受け取り可能ですので、誰にも知られずに検査を受けることができます。
もちろん、匿名でのお申込みもOKですよ。

また、プライバシーマークを取得していますので、個人情報の保護に対してしっかりと取り組んでいます。もし、検査キットの採取に失敗しても、最後までフォローしてくれるので安心です。

「さくら検査研究所」が選ばれる理由

■市長の認可を受けた衛生検査所です。
衛生検査所とは検査の信頼性を確保するため、都道府県知事もしくは、市長の認可を受けなければなりません。
検査を行うスタッフは管理医師のもとで国家資格をもつ臨床検査技師によって行われます。

■高精度の検査方法を採用しています。
当検査所ではPCR法及びSDA法での検査を取り入れております。
この方法は現在最も優れた方法とされています。

■身内の方にも知られずに検査を受けられます。
ご自宅や勤務先の近くにある郵便局留めを使用する事で、同居している親族にも知られずに検査受診から検査結果受取まで可能です。

■個人情報の保護に対して、しっかりと取り組んでおります。
当検査所ではプライバシーマークを取得しておりますので、個人情報の保護につきましては、適切な保護処置を講ずる体制を整備しております。

■衛生検査所が直に検査キット発送から結果報告まで行っております。
お預かりした検査物がどのような状況かご確認できます。

■全国に提携医院があります。
当検査所では検査後、安心して治療・診断ができるよう、全国各地の医療機関にご協力をいただいております。

自宅にいながら性感染症の検査ができます

近年、性行動の多様化に伴い、咽頭への感染が増加しているそうです。
ですから、咽頭の検査を含めたセットで提案しています。

それと、HIVの単項目検査に限りますが、【ピンニックスライト】という痛みの少ない(※痛みの感じ方には個人差があります)ランセット(針)を使った検査キットもありますので、血液の採取に対して抵抗のある方などにおススメのようです。

性病検査のエキスパート!さくら検査研究所
気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


 
 

外為オンライン